ひろぺいんのブログ

岡山在住「ひろぺいん」の日々の生活記録と趣味のブログ。 愛車セレナの各種DIY情報やスーパーGTをはじめレース観戦、冬場はスノーボード、そして岡山近辺のおでかけ情報も。 テーマは定まってませんが(汗)よろしくです。

カテゴリ:車の整備記録(DIY) > 車の保険

先日から、飛び石によるフロントガラス亀裂の補修で任意保険の制度改定のことをいろいろ書いていたが、今度は自賠責保険のニュースが流れてきた。

今年2013年4月より、自賠責保険料が15%程度値上がりなんだそうだ。
理由は保険の支払いが想定を上回って、赤字なんだそうだ。
その補填の為の値上がり。

任意保険の制度改正で、事故した人(=保険を使った人)が支払う保険料が実質増額になる制度改正がなされたわけだが、自賠責はそういうわけではないんだね。
みんな共通で値上がりするわけだから。

こちらも自賠責保険を使った人(保険料を支払われた人)の自賠責保険料が増える仕組みにできないんだろうか。

どっちがいいのかは分からないけど、普通に考えたら任意保険での制度改定の方が理にかなっている気もする。
任意保険の制度改定の理由が、保険使った人と使わない人で支払う保険料が同じだと不公平だというのなら、今回の自賠責の値上がりは不公平なんじゃない?ってことになると思うんだけど。

15%ってでかいよね。
金額的には1万円はいかないだろうけど、割合的には大きな値上げだ。。


私は先月車検を通したばっかりだから、影響があるのは2年後かな・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

フロントガラスに飛び石で亀裂が入りどうやって補修するか検討し、保険適用するかを検討したら思いのほか個人的には驚きの事実が判明し、おかげで保険に少し詳しくなった。

最終的な結論として自分でキット買って直すか、保険で直すかであるが、
長期的な金銭的な損得と、自分で初めてやるフロントウィンドウリペアが上手くいくのかというリスクを考え、保険使えるときは使っとこうってことで今回保険で、ガラス交換することにした。

今なら保険使っても「据え置き扱い」。
車両保険の免責に関しては、次回保険更新が1ヶ月後と迫っているからあまり気にする必要は無し。
保険を使うことで、使わなかった時との保険料の差は¥2000/年程度。
補修するかガラス交換するかで保険的なリスク(等級や負担金額など)は変わらない。


いろいろあったが、結局自己負担は¥0でガラス交換ができるのである。
たったあんな小さな傷なのに、結構大変なことだ。。。


ふぅ~っ。


結果的にラッキーだったのかアンラッキーだったのか、よく分からなくなる。。。


というわけで、ガラスなどの手配があるため、その日のうちの修理にはならず、後日車を預けることになった。


今回、とりあえず分かったことは・・・


飛び石によるガラスリペア/ガラス交換を考えられてる方、そして保険を使おうと思っている方。
保険会社関係なく、2012年10月以降(保険会社による)に更新/契約した保険は、飛び石のガラスリペアは「等級据え置き」ではなく「1等級ダウン」扱いとなります。
というかそもそも「等級据え置き」という扱いは無くなり、今まで「等級据え置き」対象だったものは「1等級ダウン」扱いになっているから要注意!!

詳しくは、それぞれ契約されている保険会社に確認することが一番。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ