ひろぺいんのブログ

岡山在住「ひろぺいん」の日々の生活記録と趣味のブログ。 愛車セレナの各種DIY情報やスーパーGTをはじめレース観戦、冬場はスノーボード、そして岡山近辺のおでかけ情報も。 テーマは定まってませんが(汗)よろしくです。

カテゴリ:車の整備記録(DIY) > 温度計

若干しつこいが、さらに温度計の表示温度の検証をしてみたから追加でアップ。
ちょっと個人的にこだわりたい内容なもので・・・


先日の記事で、車内温度センサーの設置場所を変更した。
車内温度センサー設置場所再調整

【商品情報】カシムラ 車内外温度計(サーモ) AK-109


車外は相変わらず正確と思われる温度を表示している。
(たまに道路わきに表示されている温度との比較により)

それに比べ、車内温度はその時点の正確な温度が何℃なのか比較のしようがない。

というか、その温度を知りたいから温度計をつけているのであって・・・・。




うーーん。




で、

100円ショップで思わず購入。
画像1
アナログ温度計(笑)

本末転倒という気もするのだが、まぁ、とりあえず温度表示があっているか確認しないことには満足できないし。
100円だしいっか、ってことで。一応、湿度計までついている。


とりあえず計測してみると、
画像3
時間は朝。
アナログ温度計は12.5℃ぐらい。で車内温度計は約11℃。微妙だ。
この時のiPhoneの温度表示。
画像4
どの地点の温度なのか、一番あてにならないけど、たまたま見たらこの温度表示。


次に時間を変えて、
画像4
夜撮影。
光の加減で見にくいが、これはお互い12℃ぐらい。


さらに、違う日の昼間に比較。
画像1
お互い16℃ぐらい。

ここからさらに1時間ぐらい走ってみる。
画像1
暖房をつけたこともあってか室内温度上昇。
でも、どちらの温度計の表示も遜色ない温度表示である。

結果、いずれの場合もそんなに大きく違わなくて、室内温度も正確な温度表示になっている様子。

少なくともこの季節は大丈夫のようで、大満足。

問題はこの設置場所で夏場でも正確な温度計測ができるかどうか。
当分はこのまま設置しておくことにしよう。

【商品情報】カシムラ 車内外温度計(サーモ) AK-109

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

先日の記事で、車内外温度計(カシムラAK109)の車内用温度センサー取り付け位置を調整した。
車内温度センサー位置調整編

【商品情報】カシムラ 車内外温度計(サーモ) AK-109

設置場所は、この写真の位置で運転席のちょうど膝元あたり(ハンドル下のカバーの一番下に垂れ下がっている)

BlogPaint

この場所でしばらく様子をみていたのだが、秋も深まりだんだん涼しくなる中、やはりく心なしか体感温度よりも高い温度表示がされているような気がしてならない。
外気温が15℃程度のところ、内気温が27~28℃表示とか。

まぁ、普通に考えて密閉車内の温度は外より高温になるとは思うが、ちょっとさすがに高すぎやしないか・・・
それで窓を開け空気を入れかえても特に温度が変わらないのである。
足元は空気が循環しないのだろうか・・
いずれにせよ、この時点で体感温度とズレがあり、この点が気に食わない。

窓を開けて涼しい空気を入れたらやっぱり若干でも温度が下がって欲しい。

というわけで、再度車内温度センサーの位置を変えてみる。
今回の取り付け位置はココ。
BlogPaint

センターコンソールのところにある小物置場の奥の辺り。
直射日光に当たることも無いし、目立たない場所だし、この辺りなら何より体感温度に近いはず。

センターコンソールが熱を持つ可能性もあるからやはり、ここでもセンサーを垂らしておくことにした。

とりあえず一日走ってみた感じだと、車外15℃、車内22℃程度。
で25℃設定のエアコンをつけると、しばらくして車内表示が26℃ぐらいにはなった。

なんとなく正確にはなっているようだ。
少なくとも運転席の膝元よりはマシになっているようには見えるが・・・。
が、やはりこれもしばらく様子をみてみないと何ともいえないし、夏場がどうなるのかも全く分からない。

またこれがどうなったかは、いつかの記事で書くことにする。
車内温度の正確性の検証編

【商品情報】カシムラ 車内外温度計(サーモ) AK-109

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ