ひろぺいんのブログ

岡山在住「ひろぺいん」の日々の生活記録と趣味のブログ。 愛車セレナの各種DIY情報やスーパーGTをはじめレース観戦、冬場はスノーボード、そして岡山近辺のおでかけ情報も。 テーマは定まってませんが(汗)よろしくです。

カテゴリ:車の整備記録(DIY) > デイライト

テープLEDを使ってデイライトを作ってみた。
思い通りに配線ができ、手元スイッチで操作できてLEDもいい感じに設置できた。
前回記事を参照。
車内配線作業前編
車内配線作業後編
エンジンルーム作業編
完成編



しかし、所詮はテープLED。いかんせん光が弱い。
なるべく気にしないようにしていたが、やはりどーしても昼間のショボさが許せなくなってくる。

はやくイカリングにすべきか・・・
だが調べてみると、テープLEDも実はイロイロと種類があるのである。

テープLEDの装着の手軽さを兼ね備えつつ、もっと光が強いものもある。
ここは今のテープLEDとの比較も兼ねて、もう一回別のテープLEDでチャレンジしてみることに。

で、ゲットしたのはこの商品。
3chip SMD・LEDテープ 長さ30cmLED数36発
3chip SMD・LEDテープ 長さ30cmLED数36発



ちなみに、楽天で手に入れようと思ったらこれが近いかな??
↓↓




なにやら、LEDのチップ(?)が3つあるから、普通のテープLEDの3倍明るいらしい。
まぁ、同じようなテープLEDで明るくなるならOK。
画像1
で、到着した商品。
このLEDテープも長さは使う用途によってカット可能だが、前回と違って配線が片方にしかない為、カットして2つにすることができない。
というわけで、2セット購入。

ものすごいチャイナクォリティなパッケージ。
ちゃんと動作すればいいのだが・・・・。。

画像2
取り出してみるとこんな感じ。長さはこんなに必要ないから途中でカット。
配線は見る限りどちらがプラスか分からない。まぁ、ここは実際つないで見て確認。

で、早速前回取り付けたLEDテープをまず片方はずして、今回のSMD3chip版を装着してみる。
画像4
前回より長くしてみた。もともとは上から6粒LEDだったが、今回は9粒使う。これで明るさもアップ!!
SMD部分が白い(黄色)から近くで見ると、ちょっと不細工なんだけど。。。


昼間だが、ためしに点灯してみると・・・
BlogPaint
一目瞭然だとは思うが、運転席側が今回の新しいテープLED。
助手席側は前回のテープLED(エーモン製もこんな感じ)

ぜんぜん明るくなってるよ!!いい感じ!!!

点灯時アップで撮影。
BlogPaint

両面テープの接着もバッチリ!

さらに夜になって撮影した写真はこれ。
BlogPaint
結構な明るさ。ちょっとiPhoneでの夜の撮影だから光が拡散しているが、実際はもっと粒々が見える感じ。
さすがにフォグを点灯したら埋もれて見えなくなるが、単独で点灯していると、百メートル先ぐらいからでも十分見える。


昼間に点灯させてなんちゃってデイライトとしてテープLEDを使うのであれば、SMDの3chipは最低必要という結論である。

ちなみに、もっと明るいというラバーチューブLEDとか販売されてるようだが、今回の装着箇所に取り付けるにはちょっと合わないような気がして却下した。
場所によってはそっちのほうが明るくていいのであろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

前回の続き。
車内配線作業前編
車内配線作業後編
エンジンルーム作業編

車内配線が終了し、無事車内からエンジンルームへ電源配線を引っ張ってきたら、テープLEDからの配線と接続する。

左右2本のテープLEDからプラス配線を1つに束ねて、車内からの電源配線に接続。

テープLEDのアース配線はエンジンルームの適当な箇所のボルトに設置。
あとは、エンジンルームとはいえ配線を綺麗に施し、作業完了。

早速点灯確認してみる。

<助手席側>
消灯時
画像5

点灯時
BlogPaint

<運転席側>
消灯時
画像4

点灯時
BlogPaint

点灯時のフロント全体の感じ
BlogPaint

予定通りの縦型ライトで、無事点灯したことはしたし、しっかり手元で点灯/消灯ができるしいい感じ♪

ま、昼間だからちょっと光具合が弱いかなー。
あんましデイライトとしては役に立たん気はするが。。。

はっきり言って、エーモンなど良くあるテープLEDでは昼間ではこのぐらいの明るさが限界である。
夕方から夜にかけて周囲が暗くなってくると、それなりに光っているのが分かるようにはなる。


次回、さらに続きあり。
さらなる改善を目指して編

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ