ひろぺいんのブログ

岡山在住「ひろぺいん」の日々の生活記録と趣味のブログ。 愛車セレナの各種DIY情報やスーパーGTをはじめレース観戦、冬場はスノーボード、そして岡山近辺のおでかけ情報も。 テーマは定まってませんが(汗)よろしくです。

カテゴリ: 車の整備記録(DIY)

先日、カー用品店に行ったときヘッドライトバルブコーナーを見て回ってるとこんな案内があった。

2014-03-23-15-38-48
「 HID」気づかないうちに暗くなっていませんか?


確かに。
言われてみれば暗くなってるかもしれない。


私の車のヘッドライトバルブは、純正のものから変更しており、これを装着している。


6000Kの色温度であるとともに、さらに通常のHIDの120%の明るさを謳い文句にしている商品である。
120%の明るさかどうかはさておき、純正HIDからするとこの商品は明らかに光が白い。


純正HIDを使った後でこのHIDバルブへ変更したときの印象は、とにかく光が白く、白線や白のガードレールを照らすとその白さが際立って見えるほどの白さで正直感動したほど。

色の白さもあり夜間の視界の見やすさは、確実にアップしたと思った。

HID変更してよかったと思った。



しかしながら、それから数年経過した今、夜間のヘッドライトの光を見ると、確かに装着直後ほどの光の明るさが無いように思える。
光の白さに慣れたともいえるし、暗くなったともいえる。

明らかに経年劣化している、というほど暗くなった幹事もしないのも確かである。


でも改めて、HIDバルブは経年劣化で暗くなる、といわれれば、確かに暗くなってるからという気持ちも納得がいく。

今新たに同じ商品を際購入して付け替えたら、はっきりするんだろうなーと思う。
経年劣化で明るさが衰えていれば、新商品に付け替えれば明るさが復活するだろう。
光が劣化してないようなら、単なる色の白さに目が慣れたということなんだろう。


バルブが切れて光らなくなったわけでもなく、明らかに不都合があるわけでもないから、新たに購入するつもりは無いけど、経年劣化してるかどうかはちょっと気になるところだ。

HIDってハロゲンよりはるかに寿命が長いということを言われてるのが実情。

バルブが点灯しなくなるまでの期間はハロゲンよりははるかに長いが、明るさは劣化するのであれば個人的には考え方がだいぶ変わる。
 


HIDはフィラメントが無いから、ハロゲンランプのような球切れはおきないが、気づかないうちに徐々に暗くなる。
1年半で約85%明るさが低下し、5年経過すると70%暗くなるそうだ。

これ、結構衝撃的な事実かもしれない。
まさか経年劣化で暗くなってる可能性があるなんて考えもしなかった。

ちょっと試したくなったのも事実。
こんなに暗かったかなーというのが正直、今の実感だから。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

久しぶりにETCマイレージのポイントを確認しようとETCマイレージサービスのホームページへ行くと、そこに衝撃の内容が掲載されていた。


【重要なお知らせ】平成26年4月1日より「平日朝夕割引」を実施します

対象日:平日
対象時間: 6~9時、17~20時
距離制限:100kmまで
回数制限:朝夕それぞれ1回まで
割引率:月内走行回数が5回~9回の場合30%、10回以上で50%割引


おいおいおいおい・・・・。
「実施します」って言い方してるけど、ここは今まで通勤割引が実施されていた時間帯だよ。
距離制限は変わってないけど、割引率は常に50%OFFだったのに。
4月1日からの割引制度だと、月内5回未満の走行だったら割引が無いってことになるんですけど。
mil


コレだけじゃない。


さらにひどいのはこれ。

【重要なお知らせ】平成26年4月1日以降のETCマイレージサービスについて

・ポイントの付き方の変更。
「50円に付き1ポイント付与」から「10円に付き1ポイント付与」へ。

・ポイント交換の還元額変更。
「1000ポイントで¥8000分に還元」から「1000ポイントで¥500に還元(5000ポイントで¥5000分に還元)」へ。


一瞬、「え!?」ってなる。
お得になったのか?と思いきや、全然、還元率が悪化してるじゃん!!!!



単純計算で、¥8000分還元するには、今までだと¥50000分の高速道路走行でできていたものが、4月1日以降だと¥80000の走行が必要になるってことだ。

ee


これは、ホントひどすぎるわ。

一昔前までは、ETC普及のための割引やサービスがすごかったのになー。
3倍ポイントデーとか5倍ポイントデーとかまであったもんなー。
いまや1000円乗り放題とかも懐かしい。



とはいえ、冷静に考えると高速道路の割引に関しては、他の交通機関と比べてちょっと不公平だったわけだから、まぁしょうがないといえばしょうがないのかな。
企業努力による割引なら、大歓迎なんだけど、国の政策による税金投入での割引だからねぇ。

その不公平な交通競争に企業努力で対抗してきた結果、太刀打ちできず破綻してしまった企業もあるわけだし。



うぅーーーーーん。

でもやっぱり残念だなぁ。。
高速道路利用の機会は減るだろうなぁ。

朗報!本四高速は4月から値下げ!?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ