8月末のスーパーGT第6戦鈴鹿1000kmでの撮影写真を掲載していっている。
撮影カメラは、CANON POWERSHOT SX50HS。

今回も1・2コーナースタンドから撮影した決勝レースの様子で、GT500編。
IMG_3140
まずはGT500のスタートシーン。

そこから1コーナー突入の様子。
IMG_3143

スタート時の1コーナーあたりで混乱などがあるかも、とカメラを構えていたけど、さすがは1000km耐久レース。特にトラブルなどなく、おとなしい感じでスタートとなった。

あとは、マシンをひたすら撮影。

一応、今回はほんの少しだけカメラ撮影の勉強してきているわけだが、シャッタースピードや絞りをマニュアルでいろいろ試しながら撮影していた。

シャッタースピードを速くすると、目の前をすごいスピードで走っていくマシンでもはっきりと撮影できるんだけど、全くスピード感が無い写真になってしまう。

たとえば、これ。
IMG_3232
鮮明に撮影できてるんだけど、マシンが止まってるように見えちゃう。
迫力無いね。


なので、今回はシャッタースピード遅めで流し撮りという感じで風景が流れてスピード感ある写真になるように頑張って撮影してみた。



IMG_3363
#18 Wider Modulo NSX-CONCEPT-GT

IMG_3380
#37 KeePer Tom's RC-F

IMG_3394
#24 D'station ADVAN GTR

IMG_3398
#8 ARTA NSX-CONCEPT-GT


やっぱり、背景が流れてるのがカッコいいなぁ。
あとは、この状態でマシンのカラーリングやスポンサーロゴとかがくっきり見えてるといい感じだね。


さらに、今回撮影したかったのが、GTR陣のフロントスポイラーからの火花と、フルブレーキングの際カーボンブレーキが赤く染まるところ。

この2つがどちらも撮影できる観戦席として1・2コーナーを選んだんだけども、どちらもかなり難しい・・・

まず、フロントスポイラーからの火花。
IMG_3173
ほかにもいくつか撮影できてるんだけど、どれも結局イマイチ。
マシン、背景、火花がすべてバランスよく、そしてかっこよく撮影できた写真が撮れなかった。

GTR勢はどのチームも予選は火花散りまくりだったんだけど、決勝でいいや、と思って予選は撮影しなかったんだよねぇ。これが大いなる失敗。
決勝はセッティングを変えているのか、NISMOは火花を散らさなくなってたし、SROADは火花を散らしてたけど早々にリタイヤ・・・・
撮影するチャンスがほとんどなくなってしまって、すごい後悔であった。残念。
 


そして、もう一つのカーボンブレーキが赤く染まるやつ。 
IMG_3591
うーーーーーん・・・
これがそうなんだろうか。

もう少しはっきりと撮影したかったんだけどねぇ。

場内実況で散々ブレーキングを注目!的なアナウンスがされてて注目してたんだけど、結局肉眼で確認できなかった・・
撮影した写真に唯一映っていたのが上の写真である。



狙った写真がほとんど撮影できなくて心残りだなぁ。
また次回チャンスがあるといなぁ。