キャノンから超高倍率ズーム可能なデジカメ(ネオ一眼)の最新機種「PowerShot SX60 HS」が発表された。

sw


私が持っている「PowerShot SX50 HS」の後継機種である。

「PowerShot SX50HS」が発売されたのが2年前の9月末。
毎年新製品が発表されるような流れで来ていたので、私も去年すでに後継機種待ちで買おうかどうしようか迷っていたのだが、全くその気配が無かったため、あきらめて私が買ったのは去年の9月。
そこから1年経ってようやく新機種の発売である。


私が持っている「PowerShot SX50 HS」は、
光学50倍ズーム。
そこからデジタルズームで200倍まで可能なものである。
画像処理エンジンは「DIGIC 5」
sx50

今度発売される「PowerShot SX60 HS」の方はというと、
光学65倍ズーム
さらにそこからデジタルズームが可能。
画像処理エンジンは最新の「DIGIC 6」
sx60


実際の販売価格は現在のところ55000円超となっていて、どのショップも横並び状態。


1年前なら「待ってました!」とばかりに確実にSX60HSを買っていただろうなー。


 
けど、1年間SX50HSを使った今、考えるのは「やっぱり一眼レフ買えばよかった」という気持ちが少しづつ湧いてきていることである。
私の場合、ここ半年の間に一眼レフカメラを使う機会が何度かあり、その際、写真の画質などのクオリティや細かな設定などを比較してしまうと、一眼レフが気になり始めてしまったという状況。

家電量販店で展示されている一眼レフを手に取り、試し撮りしてみるとカメラの液晶で見た撮影画像が、SX50HSのそれとは格段に違うことが分かる。


デジタルズームはともかくとして、確かに一眼レフでここまでの高倍率ズームを実現しようとすると相当高額なレンズが必要になる。
一番のウリである「高倍率ズーム」については、かなり納得のカメラであることは間違いない。

しかし常日頃、写真をズームで撮影しているわけではないわけで、通常使用の範囲での写真の出来や、夜景などをいかにきれいに撮れるか、という点ではやっぱりちょっと高倍率デジカメでは物足りなさを感じてきてしまったのである。


ちなみに今狙ってるのは、一眼レフのCanon EOS KISS x7の後継機種「EOS KISS x8」。
これまた、今までの流れではそろそろ発表&発売なのでは?と囁かれ続けてるけど…
来年の4月・5月ぐらいまでは無いのかな??