夏休みを利用した東京家族旅行ということで、2泊3日の2日目東京ディズニーランド。

午前中はファストパスを確保しつつ、アトラクションでも楽しめた。

午後になって、ビッグサンダーマウンテンへ。
息子はジェットコースター初体験、私も嫁もビッグサンダーマウンテン初体験。


しかし、ファストパスは確保しておらず、この時点での待ち時間は100分以上。
いくらなんでも待てない。

ここで、隠し玉。
2014-07-28-13-53-02
「未来の乗車券」というやつ。

4年前に家族でやはりディズニーリゾートへ来たんだが、その前にテレビで見たこのビッグサンダーマウンテンに息子は乗りたかったわけだが、当然身長制限等があるから乗れるわけも無く。

駄々をこねる息子を説得する意味でも、当然NGと分かってても係員の人に身長チェックをお願いすると、「大きくなってからコレを持ってきてね」と手渡されたものである。
当時はこのチケットの存在を知らず、適当に保管していたのだが、奇跡的に出発前に発掘したものである。


これを持っていくと、いつでも同行者全員がファストパス同様並ぶことなくそのアトラクションに乗車できるというもの。
いわば最強のファストパス。

子供が小さい時にしかもらうことができないチケットだから、もうちょっとやそっとでは手に入らないからちょっともったいない気もしたけど。


ついにコレを使うときが来たなぁ、と感慨に思いながらもずっと楽しみにしてきたアトラクションということで使用させてもらった。



息子は人生初めてのジェットコースターだったわけだが、まだ衝撃がでかすぎるかなーと心配していたけど、全然楽しめたようだ。
終わってから、変にハイテンションになってしまうぐらい楽しかった様子。


良かった良かった。
大きくなったものだ。
(嫁はゲッソリしてたけども・・・)



ビッグサンダーマウンテンを楽しんだあとは、ファストパスを使ってスプラッシュマウンテン。
これまた息子は人生初、ジェットコースターとは一味違う落ちる系のアトラクション。

とはいえ、既にビッグサンダーマウンテンを乗り切っている息子はハイテンションに任せて乗る気満々。
私もスプラッシュマウンテンは初乗車なので、中がどうなってるかよく分からない状態。

乗ってみると、しばらくはゆーーったりとボートに乗って巡っていくわけだが、途中と最後に落下ポイントがある。
落下ポイントに落ちる前に登りポイントがあるのだが、ここが焦らしポイントだね。
もうすぐ、もうすぐと緊張をかきたてられるようになっている。

息子もガチガチになりながらも、無事落下に耐えて大喜び!!

もう乗らない!とかイヤーと泣き出すのでは?ということも頭の一部によぎったわけだが、全くその心配は必要なかった。


3大マウンテンと呼ばれるディズニーランドのアトラクションのうち、スペースマウンテンは今回チャレンジできなかったけど、まずは2つ制覇。
息子が大いに楽しんでくれたから本当に良かったと思う。

次回来るときは、スペースマウンテンかな?
ディズニーシーのタワーオブテラーには挑戦できるかな??


次回、ついに!ワンス・アポン・ア・タイム。