今シーズンの初スノボであり、2013年の締めくくりで近場の恩原高原スキー場へ行ってきた。

昨シーズンは積雪状況の関係でスキー場オープンも遅れてて、その後も行きたいタイミングと積雪状況が合わなくて行けなかった。


今年は本当にうまい具合にかなりの積雪に恵まれて予定日に営業開始された模様だ。


岡山市から距離的に最も近いスキー場の一つであろうことは間違いなく、これだけでもメリット。また過去に一度滑りに行ったが、コースも正直自分の中ではいい部類。


シーズン初めのタイミングで全コース滑走可能な状態でオープンしているスキー場は、岡山近辺では珍しい。


数日前に積もったこともあり、スキー場までの道のりは、路肩にはかなり積雪があるものの、駐車場に入るまで路面は綺麗に除雪されていた。
画像1

朝のレイクサイド側の駐車場の様子。

恩原高原スキー場は山を挟んでゲレンデが二つに分かれている。
恩原湖に面したレイクサイド側ゲレンデと、その反対側のパノラマゲレンデである。

まずはレイクサイドから。

画像1

レイクサイドの初心者から中級者向けメインコース。右の方のコースは上級者向けで斜度がより急になっている。
朝はまだ人がかなり少ない。
貸切状態とまではいかないが、それでもコースもまだ綺麗でめちゃくちゃ滑りやすい。

画像1

コースの上からレイクサイドゲレンデを見たところ。
向こうに見えるのが恩原湖。
雪が積もってる。凍ってるのかな?

なかなかの眺めである。


画像1

レイクサイド側のレストハウス。
こちら側で食事や休憩する建物はこれ一つ。

画像1

ちょっと見にくいが定番とも言えるメニュー。
パノラマゲレンデ側より若干安いような…
食べてないから味は不明である。

レイクサイド側は、コースがいくつかあるが、平均的に中級者向けのコース。
上級者向けというコースではあるが、そこまできつい傾斜でもない。
逆に初心者向けの平坦で広いコースもない。
むしろ初心者コースはパノラマゲレンデ側かな。

というわけで、次回は恩原高原スキー場のパノラマゲレンデ