鈴鹿サーキットのいろんな観戦席や観戦エリアからの見え方を紹介。
グランドスタンド(V席)
メインストレート(A席)
1~2コーナースタンド(B席) 
S字コーナー(C席) 
逆バンクコーナー(D席)  
ダンロップコーナー(E席) 
地下トンネル通路(余談) 
最終コーナー(S席・R席)
シケイン前(Q席)
シケイン~130Rまでの様子
立体交差(G席)
ヘアピンカーブ(I席)
ヘアピンから先の状況
スプーンカーブ(L席)
スプーンカーブ(N席・M席)
バックストレート(O席)
200R(J席)
ヘアピン地下連絡通路その1
ヘアピン地下連絡通路その2
西ストレートゲートからの連絡通路
200R付近の地下連絡通路
パドック&VIPエリア入り口

今回は、ヘアピンカーブを通過後の緩やかな右カーブ、200RのところにあるJ席の観戦エリアである。
BlogPaint


200R観戦席(J席)

この観戦エリアは、コースとコースの間に位置していて、前回前々回記事で書いた、ヘアピン方向からの連絡通路を通ってくる方法か、バックストレート方向からやってくる方法がある。

画像2
ヘアピン側からの連絡通路を通ってくると、このように長い階段の場所に出てくる。


この階段、
画像1
結構長い。


画像4
階段の上から、下を見てみる。
向こうに見える観戦席は、立体交差G席あたり。



画像3
階段を上りきってみるとこんな感じ。

正直、「え!?」って感じ。
観戦する場所という雰囲気ではない。


画像5
階段の端の辺りに立ってヘアピン方向を眺めてみるとこんな感じで見えるわけだが、正直、ちょっと茂みが邪魔で見難いんだよね。

ちょっとエリアの奥に入ってみて、フェンスに近づいてみる。

画像1
ヘアピン側。
フェンスが張り巡らされてるから、視界はこんな感じになってフェンス越し。


画像2
視界を右に移して200R~スプーン方向を見ても、さらに激しい茂みが視界をさえぎる。。


画像3
フェンス&雑草が生い茂った状態でコースが見えない。

動画で見ると
動画版)鈴鹿サーキット200R付近J席からのコースの見え方


ここ、F1の時はやっぱり観戦スタンドが設置されるのかな??
少なくともスーパーGTでは満足に観戦できそうなエリアでは無いね。

<メリット>
メリットが考え付かない・・・・

<デメリット>
・遠い。到達するにはそれなりに気合がいる。
・サーキットビジョンが設置されていない為、コースのほかの状況が全くつかめない。
・飲食販売は無い。自販機は道を下った西ストレートゲートのところにあるが、食べ物は最短でヘアピンまで戻る必要あり。
・コースが見える範囲がすごく狭く、満足に観戦できないと思う。

<まとめ>
観戦場所としては、ちょっと厳しい。
いいところが見当たらない。
位置的にバックストレートも見えそうな観戦エリアなのだが、バックストレートはほとんど見えない。
スーパーGT開催時では、ちょっと残念な観戦エリアという印象。

次回、西ストレートゲートからの連絡通路の様子