岡山国際サーキットの観戦ポイント別の見え方を写真と動画で紹介していく。
メインストレート観客席の様子【その1】
メインストレート観客席の様子【その2】
メインストレート観客席の様子【その3】
1コーナーカメラ撮影スポット&観客席
2コーナー観客席の様子
2コーナー~モスエスにかけての様子
モスエス~アドウッドカーブ付近の様子
バックストレート付近の様子
ヘアピンカーブ付近
リボルバーからパイパーコーナー付近の様子
レッドマンコーナー付近の様子
ホッブスコーナーからマイクナイトコーナー付近の様子
マイクナイトコーナーから最終コーナー付近の様子
パドックエリア付近

今回はピット裏のパドックエリアでの観戦ポイントの観戦ポイントの様子である。
BlogPaint

メインスタンドからダンロップブリッジを通り抜けてパドックエリアへとたどり着く。
BlogPaint

ダンロップブリッジのパドック側出口。

スーパーGTレース開催時は、一般の観戦券ではこのエリアに入ってくることが出来ない。
パドックパス以上のチケットを持っているか、ピットウォーク時にピットウォークパスを購入してくるか、あとは、レース終了後のコース開放時ぐらいである。


この付近からコースを見てみると・・・
P1030134

まずは1コーナー入り口方向である。左側方面がメインストレート。
コースの内側からで、変わった視界で見ることが出来るのだが、いかんせんちょっと遠い。

なぜかというと・・・
P1030132

貯水池があるのだ。
それを超えた向こう側をマシンが走り抜ける。

P1030133

左側のスタンド(観戦席?)が1コーナーの観戦席。
右側に見えるのが2コーナーの観戦席というわけだ。


で、ちょっと移動すると、
P1030130

ここは、パイパーコーナー。
パドックエリアからフェンス越しでパイパーコーナー付近を観戦できる。

P1030131

そして、その位置からレッドマンコーナー方向。
この場所からはレッドマンコーナー入り口辺りまでは見ることが出来ないが。

だいたいパドックエリアでの観戦ポイントはこんなところである。

あとはVIPエリアぐらいだが・・・。
当然立ち入ることが出来ないから、どんな感じなのか全く分からない。


最後におまけ。
5号車、チームマッハのピット裏にあったマシン(?)である。
P1030196

コレに乗って移動するのかな??


というわけで、岡山国際サーキットの観戦ポイントまとめ終了。


改めて見てみると、落ち着いて観戦できる観戦席はとても少ない。

あとは観戦ポイントとはいえ、基本は通路で立ち見か自前のアウトドア用のイスを準備してそれに座って観戦するというようなスタイルだ。


とても、過去にF1が開催されたサーキットとは思えない。
しかも当時日本で人気絶頂時のF1だ。


スーパーGT開催時の決勝日でも来場者はせいぜい15000人程度。
このサーキットのキャパシティとしてはこんなもんだろうと思う。


駐車場にしてもサーキットの設備にしても、20000人とか30000人の来場には耐えられないだろうなぁ、と感じる。


でも、今後もこのサーキットでスーパーGTは開催し続けてほしいし、もっといえば他の大きなレースも開催していってほしいものだ。