先日のスノーボード天国で購入した、格安の¥9990のボード。
(ビンディング込みで約¥13000)

安い理由はいくつかあるんだろうとは思っていたが、その1つの痕跡を見つけた。
BlogPaint

見えるかな・・

赤丸の印は板のエッジ部分。ボードのエッジ部分は金属でできているのだが、そのところどころ変色している場所がある。

買うときは残り数点だったから細かく板を品定めせずに手にとって買ったから気づかなかった。


これ、「錆び」である。

まだ買って一度も滑ってないのに錆びている。
写真に写っていないけど、他にも数箇所同じように錆びているところがある。


完全にアウトレット商品だね。
もしこれが高かったら文句言ってもいいだろうけど、まぁ、安いからね。
普通に滑れれば、これぐらいぜんぜん問題ないレベル。

多分長い間倉庫に眠ってたのかな。


全部が全部とは言わないが、激安ボードにはそれなりの理由があるんだ、ってことの証拠だろうね。
激安ボードを買う人はこのあたり問題点は軽くスルーできないと、手を出してはダメと思う。

安いの買うときは品物を気をつけてよく見ないとね。


ちなみに、この錆びたボードでも普通にしっかり滑れれば、当然今後もしっかり愛用するつもり。
メンテナンス用品も買ったし。

実際にこの板で滑った感想はまた後日、初すべりを楽しんだ後でレビュー記事を書こうと思う。