ひろぺいんのブログ

岡山在住「ひろぺいん」の日々の生活記録と趣味のブログ。 愛車セレナの各種DIY情報やスーパーGTをはじめレース観戦、冬場はスノーボード、そして岡山近辺のおでかけ情報も。 テーマは定まってませんが(汗)よろしくです。

2013年08月

そういえば、1ヶ月ぐらい前だったか、広島県福山市にある「みろくの里」のサマーパスポートが当選して送られてきていた。

BlogPaint

サマーパスとは、みろくの里で、「遊園地の入園」「いつか来た道の入場」「プール」が3点セットになったチケットである。

普通に買うと、大人¥1500、子供¥1200のチケットで、その前売り券。
前売り券だと大人も子供も¥1000

というようなこのチケット、今回4枚セットで当選したというわけである。

ラッキー!とは思いつつも、行くことがあるかなぁ?と、引き出しの中に仕舞いこんでいたのを思い出した。

画像4
ちなみに、有効期限がある。
そもそもプールは夏休み期間中のみ。
だから、チケットは9月1日まで。

なんだけど、どうやらそれ以降は隣接の温泉施設「昭和の湯」の入館券か、みろくの里の入園券として使えるんだそうだ。



せっかくのもらいものなので、先日、夏休みも残りわずかってことで、息子を連れてみろくの里へ行ってプールで遊ぶことに。
画像1
入り口付近の入場券売り場。
まぁ、私たちはサマーパス持ってるから、買う必要は無い。


みろくの里では、入場ゲートのところで、リストバンドを手首につけるように係員さんに指示される。
画像4
こんな感じ。
紙製なんだけど、プールに入っても大丈夫なほど頑丈な作りだ。
入園チケットの種類で色が違うらしい。

画像2
中に改めてゲートがある。

この横に、「いつかきた道」という昭和の面影が満載のエリアがある。
画像3
ここへはプールが終わってから行くわけだが、個人的にはこの雰囲気は大好きだ。

というわけで、とりあえずココはスルーして、プールへ向かう。

次回、みろくの里プールの様子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2013スーパーGT鈴鹿1000kmの決勝日。早朝から日陰の休憩場所を確保するためにダッシュし無事にエリアを確保。
以前の記事は・・
観戦記その1(出発編)
観戦記その2(サーキットへ到着編)
観戦記その3(1日目の様子前半編)
観戦記その4(1日目の様子後半編)
観戦記その5(温泉&車中泊編)
観戦記その6(決勝日の様子前半編)


確保した休憩場所で一息ついて、午前9時から息子と嫁さんは遊園地へ。

もちろん、土曜日に息子がGETした「GTスペシャルカード」を持って、息子用のサマーパスポートを購入。

サマーパスポートは、遊園地パスポートとプールがセットになったチケット。
息子はこのチケットを購入したが、私と妻はチケット購入なし。

というのも、遊園地のアトラクションは、息子1人で乗るか、大人が必要なアトラクションには回数券を買って乗ることにして、プールは、大人は、スーパーGT観戦券を提示することで、¥1000で入ることができる。

大人分はサマーパスポートを買うより、必要な分だけ都度チケット買ったほうがお得だと思ったから。



そういうわけで、息子たちと別れ、私はサーキットの観戦席をうろうろし、2014年版GT500デモランを見るための場所を確保。

デモランは南コース(メインストレート⇒1コーナー⇒S字⇒最終コーナー)しか走らない。
なるべく近くで障害物の無いところで見れるような場所を探していると、1コーナーを抜けたあたりをウロウロしているうちにデモランが始まってしまう。
撮影した、映像はコチラの記事から⇒2014年版GT500お披露目&デモランの様子


無事撮影できたら、決勝レースのスタート進行を見たいから今度はチケットで確保しているメインスタンドV2指定席へ移動。

昼飯を食べながら、スタートまで待ち、レース開始して30分ほどで、今度は息子とプールへ。


ほとんどレース見れず。。。
でも、仕方ない。

プールへ行って、息子と遊びつつ、プールエリアでテレビ中継されている映像をたまーーーに見る程度。

結局プールでは約3時間弱を過ごした。

予想通り、レース前半はほとんど状況が分からない。
(家に帰ってゆっくり録画したものを見る覚悟)


プールで遊ばせると、息子は疲れてお昼寝タイム。

そう。

このときのために、朝早くから日陰エリアを確保したのだ。

観戦席では、寝かしておくことが難しいんだよね。
画像1
メインスタンドの席はこんなの。
指定席ということもあって、完全独立した椅子。寝転がれない。

もう一箇所確保しているシケインのところのQ2席。
画像2
区切られては無いが、椅子自体はやはり一席づつの構成。
まぁ、それ以前に炎天下の為、ここに寝かせると暑すぎて熱中症になりそうになる。

そこからはたまに息子の様子を見ながらも嫁さんと交互にレース観戦。

シケインの観戦スタンドは心地よい風が吹き抜けていて、ひなたでもだいぶ快適に観戦でき、レースを楽しむことができた。

画像2
レースが終わった時間は18時半ごろだったかな?
表彰式の頃には日も暮れてすっかり涼しくなった。


このタイミングで車で帰ろうとすると周辺道路の大渋滞に巻き込まれる。

そんなに焦って帰る必要も無いから、タイミングをずらす目的で、ここから更に遊園地へ。
遊園地は21時まで営業してるから、そこまで思い残すことがないように息子に遊んでもらう。

21時ごろになってしまえば、周辺道路は完全に通常状態。
渋滞なんか一切なくなってるわけで。

そんなわけで、脱出は21時ごろ。そこから帰りも岡山までの300kmの道のりだが、とにかく疲れからか鬼のように眠気が襲ってくる。

去年は途中のサービスエリアで眠さに負けて、予期せず朝までぐっすり、なんちゃって車中泊みたいなことやったけど、今年は眠さに負けないようにサービスエリアやパーキングエリアをフルに活用。

ぐっすり眠ってしまうことなく、サービスエリアにとまるたびに10分程度仮眠、コーヒーやガムを噛んで走行というのを繰り返し、無事岡山到着したのは午前3時半。


そこからもう、泥のように眠る・・・・


・・・はずだったが、翌朝、ぐっすり眠った息子は早くも復活し、朝早くたたき起こされる・・・。

寝不足。。


だが、まぁこれも楽しいうちの1つ。
大きな夏のビッグイベントであった。

完。

次回、番外編

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ