今回からしばらくヘッドライトのHIDバルブ交換作業の内容をアップしていく。

セレナC25のHIDヘッドライトバルブの型はD2R。
交換用のHIDバルブを購入してきて交換作業を行う。

ちなみに私もつけてるおすすめのHID交換バルブはコレ。



で、そのHIDバルブ交換作業は、後述のとある理由からまず運転席側から交換することをおすすめする。
そんなに大きく作業が違うわけではないが、最初助手席側の作業をすると若干迷う場所がある。

まず、運転席側。
作業をするのに冷却水か何かのタンクが邪魔だから、はずすことになる。
コレをはずさないと手が入らない。
BlogPaint
ココと書いてある場所にあるボルトをひとつはずせば外れる。

はずしたタンクは作業の邪魔にならない場所によけておく。
画像 287
こんなかんじ。
このタンク横に傾けると中の液体がこぼれるから要注意。

タンクがあった場所からヘッドライトユニット辺りを覗き込むとこんな感じでグレーのカバーが見える。
このカバーをねじってはずすのだが、結構固い。
しかも、ただねじっただけでは外れない。
BlogPaint
グレーのカバーについている三角形の印(△)が、印をつけた黒い突起の部分と重なるまでねじる。
この黒い突起は運転席側は目で見えるところにある。
そのためカバーの△が突起部分と重なるのが見て分かる為、カバーがはずしやすいのである。
助手席は、見えない。そのため、まずは運転席側からやってコツをつかむほうが良い。

ねじった結果、このように重なる位置まで持ってくるとカバーをはずすことができる。
BlogPaint

ガバッと結構簡単に外れるから手を滑らせないように注意。

画像 268
外れたカバーを裏から見るとこんな感じ。
突起が見えるが、つめでロックされているわけではなく、ただ引っかかってるだけ。

続きは次回。
交換作業その2


セレナDIY履歴はコチラ
整備(DIY)記録