最近デイライトをつける車がホント増えてきた。
ここ数年で結構爆発的に普及していて、今ではいろんなタイプのデイライトがあるようだ。
タクシーやトラックでよく目にするオーソドックスな初期タイプ、明るくデイライトの役目は果たしているが、見た目がイマイチ。

でも街中では、そんなオーソドックスタイプとは全く違う、目を引くデザイン性のあるデイライトもちらほら見かけるようになった。
そんなデイライトを見ていると、流れに乗って徐々にデイライトをつけたい気持ちが膨らんできた。

ちなみに、装着したいデイライトのタイプは、
・ホンダの一部車種(一部グレード。少し前のタイプかも??)で設定されるスポットLEDタイプ
01
(画像はホンダのHPより拝借)

・BMW風イカリングタイプ
images
(画像はBMWのHPより拝借)

・その他、オーソドックスではないタイプでさりげない装着感。そして点灯時もかっこいい(自己満足レベルで)。

といった感じである。
最近ではフロントエアロパーツにLEDのデイライト内蔵されているものが流行みたいだ。
このようなエアロパーツは完成品だから見た目はもちろんかっこいいわけだが、そんな金ない。
もちろん技量がないからボディに穴を開けての自作もちょっとNG。
なるべくカンタンに装着が基本。


まず、ホンダ純正のスポットLEDタイプ。
あまり近くで見たことがないから分からないが、恐らくプロジェクタータイプのレンズ(カバー?)がついていると思われる。
そのプロジェクター部分がかっこいいのでパーツ選びでここは外せないのだが、調べてもなかなか理想のLEDバルブが売っていないのである。
装着場所も、なるべく違和感無いよう設置しようと思うと、なかなか良い場所が見つからない。
穴あけて装着するかんじになるだろうなー。。前述の通り自作はちょっとめんどくさいし失敗したらイヤだし・・

とういわけで、続いてイカリングタイプ。
これは、ちょっと前は自作するか、もともとついているヘッドライトユニットごと交換してつけるしかなかったが、最近ではCCFLやLEDを用いたランプがネットで販売されていて比較的容易に手に入る。
セレナでこれを装着する場合は、フォグ周りしか選択肢が無いが。
他の人の装着画像を見ても、かなりいい感じになっているから、コレはやる価値ありと勝手に判断。


で、なんとなーくネットでイカリングを物色しているとふと目に入ったのがテープLED。
30センチのものが400円ちょっとで送料無料で販売してた。
↓コレ。

エーモンとかは量販店などで見ると1000~2000円ぐらいだったと思うから「安っ!」ってことで思わずポチッとして買ってしまった。

まぁ、テープLEDでもデイライトできるし、配線関係はイカリングでもテープLEDでも一緒(のハズ)だから、今回はテープLEDで一式配線を組んでしまって後からその配線を使ってイカリング増設しよっ!!

ということで、まずはかなり簡単なはずのテープLEDを使ってデイライトを装着することにした。

テープLEDは明るさはそれほど期待できないが、防水タイプだし、曲げることも出来るし、適当な長さでカットも出来るしということで装着場所を選ばない。

とはいえ、ベタにヘッドライト付近(アウディ風)に装着したのでは芸が無いから、ちょっと違う場所へ装着する方向。
最悪ラジエター開口部にいい感じで装着したいが、もっと他にいいとこないか検討中。。
取り付け前準備編