先日購入したfcl35w6000kHIDフォグキット(H8)。


この商品、商品購入時に、商品レビューを書いて送ることを約束するとLEDバルブもしくは電圧安定リレーのどちらかがもらえるといううれしい特典付きである。

で、悩んだ挙句、LEDバルブ(T10)を10個もらった。
画像 181
T10バルブとはこんな感じのバルブ。
 
先日のフォグトラブル抱えている今となっては、LEDバルブではなく電圧安定リレーをもらっておけばよかったとちょっと後悔している。

 
それはさておき。

バルブを取り付けようと事前にネットで「セレナでT10型バルブを使えるところはどこかなー♪」とルンルンで検索してみると・・・

   ・ ポジションランプ
   ・ ライセンスランプ(後方ナンバープレート照射用)

以上。

え?まじで??
そんだけ?

使い道ねーーーじゃん!!
10個もあるんですけど・・。

 
もう完全に後悔モード。

電圧安定リレーもらっておけばよか・・(省略)

 

気を取り直して、ポジションランプを交換することに。

【パーツ以外の使用工具】
    なし(素手で交換可能)

 

ヘッドランプユニットの横、グリルの横あたりを覗き込んでみるとポジションランプ用の配線とソケットが見える。
画像 244
ヘッドライトユニットのすぐ横、見えにくい場所だが覗くとソケットが刺さっている部分が見える。

で、場所を確認して、腕を突っ込む。
ややスペースが狭いため、腕が太いと厳しいかもしれない。

ポジションランプソケットの根っこを捕またら、グイッとねじると外れる。
配線の長さ都合上あまり大きくは引き出せないがそのまま作業しやすいところまで引っ張り出す。
画像 240
ぎりぎりここまで引っ張ってこれるぐらい。純正バルブを点灯してみるとこんな感じ。

バルブを引っこ抜く。
画像 241

グリグリしながら引き抜くと外れるが、最初はこつが分からず思いっきり引っ張ったらすっぽ抜けてエンジンルーム内に飛んでいってしまった。
力を入れすぎには注意。

 
続いてLEDバルブを装着。
画像 242
ぎゅっと押し込むだけ。ちなみに、取り付ける向きは関係無い模様。

画像 243
試験点灯。
純正と見比べると明らかに白色!


点灯を確認してもとあった場所へソケットを差し込んでグイッとまわして装着完了。


反対側も全く同じように作業をする。
左右以外の違いは全くなし。

で、LEDバルブに変更して試験点灯!!
・・・あれ??・・・点かない・・・
どうやら不良品のようだ。
まじ??不良品込みかよ。

まぁいいけど。イッパイあるから。

違うバルブに付け替えてみると・・・・
無事点灯!!
いやー良かったよかった。

セレナのポジションランプ、カバーが青なのにライトが点灯すると黄色っぽくて意味ねーなー、と思っていたがLEDバルブにしたら見事ヘッドライトの白色とばっちり合うようになった。


しっかし、LEDバルブが残り7個もある。どうしようか。
使い道が無いなー。

【作業時間】
30分(両側)